イラストレーター渡邉香織さんが語る、旅が作品作りに与える影響とは


ハッピーで遊び心溢れる絵を生み出すイラストレーターfoxcoこと渡邉さん。幼少期や学生時代の旅の経験が彼女の人生観に与えてきた影響や、旅行中が最もインスピレーションを得る瞬間である理由などについて語ってくれました。

Nature

「私にとって最大のインスピレーションは、旅とファッションです」と話すのは、東京出身のイラストレーター、渡邉香織(foxco)さん。ラルフローレンや資生堂、スターバックスなど数々のブランドとコラボレーションをしてきた彼女が手掛けるイラストは、見るだけで心躍る、元気でポップな印象が特徴。そんな彼女はこれまで世界中を旅しながら、出会った人々や目にしたもの、日常の些細な出来事や感じたことなどをイラストとして記録してきたそう。

幼い頃から身近な存在だった「旅」

幼少期の頃から旅行に出かけ、絵を描いていたという渡邉さん。「幼い頃から家族で旅行していましたが、もっと旅をして別の視点で世界を見てみたい、という思いを抱き始めたのは小学6年生の頃でした」

しかし、旅心を強く掻き立てられたのは、小学生の頃有志で訪れたオーストラリアのホーム/ファームステイの時。日本では社交的な方だと思っていたのに、英語が話せないだけで恥ずかしがり屋になってしまう自分にもどかしさを感じ、思い切って自分にとって居心地の良い場所から一歩踏み出すことを決意したそう。このオーストラリアへの旅が、「常識」とされる考え方が国や文化によって異なることを知り、これまで当たり前だと思っていたことに疑問を持ち、問い直すことの重要性を学ぶきっかけとなったそう。

また、高校時代を過ごしたカナダにも特別な思い入れがあるという渡邉さん。今でもカナダの生活の名残があるという。「日本でバスに乗るときは全員が規律正しく列に並んで順番を待ちますが、カナダでは高齢者でなくても大きな荷物を持っていたら最初にバスに乗り込んだりと、順番はフレキシブルでした。おおらかで良いな、と思いました。日本にもこの考え方を持ち帰って、大荷物の人に順番を譲ったところ、列に並んでいた人も荷物を持つのを手伝いはじめてくれたりして、やってみることが大事なのだと思いました」

Nature

「今までで一番思い出深い旅行と言えば、恐らくバンフへの旅行だと思います。バンフの山 で現地の木が左右非対称なのをみて、北風が当たる方は枝がつかなくて、吹かれない方は綺麗に枝が伸びている。歪で美しい自然でした。自然の壮大さを目にしたとき、美しさは形ではなく生き方そのものにあるのだと感ました。

創造力のインスピレーションを求めて

渡邉さんのインスタグラムを覗いてみると、旅行の様子や細部にこだわったファッション、カフタン風のドレスを身にまとっている人やカラフルなハンドバッグを持った人のイラスト、動物のスケッチ、自然の風景など、投稿の内容は様々。そんな彼女にとって、旅行は自身の作品の原動力となっており、それと同時に絵を描くこともまた旅行の欠かせない一部でもあるそう。

「旅行中は、毎日起こったことをイラストにします。イラストはレストランで描くこともあれば、パンフレットやチラシに描くこともあります。カフェやホテルのロビーでその街で過ごす人を眺めながら描くのが一番好きです。」

Nature

パリで過ごした大学時代

アートや旅行が大好きな渡邉さんは大学時代、パリのソルボンヌ大学に留学し、絵画や彫刻を勉強。課題が多く、忙しい日々を過ごしていた彼女にエネルギーを与えてくれたのはパリの街だったと振り返る。「疲れたときは街に出て、楽しそうにお酒を飲んだりおしゃべりをしている人たちのスケッチを描いていました。これがとても楽しくて、すべてはこのパリでの経験から始まった気がしています。だからパリは私にとって特別な場所です。

また、フランスの地方で電車に乗っていたときに気が付いた文化の違いについて、「パリから電車に乗って南へ向かっていたときに、電車が急に停まったことがありました。日本だったら乗客が目的地に辿り着けるよう振替輸送があったりしますが、フランスでは違いました。その日はもう出発しない、とだけ知らされたまま、電車が再び動き出すことはありませんでした。私たちは電車から降りて、その街で一泊しました。私自身はびっくりしましたが、周りの人たちは誰も怒っている様子などはなく、『やれやれ、またか。』という雰囲気でした」と彼女は笑いながら振り返る。

心のままに旅して

渡邉さんはその後も、特に刺激が必要だと感じたときはなるべく旅行に出かけ、その際にはできるだけ多くのことを記録するよう心がけているそう。旅行は描く題材のアイデアを与えてくれるだけでなく、彼女の作品自体にも大きな影響を与えていると言う。

Nature

「旅先ではGoogle Mapsでは見えなかった建物や街で見かけたもののディテールをイラストの題材にすることが多いです。その街に住む人の様子をインスピレーションにして線や色を選んでイラストを描くことが多いです。」

旅している間はインスピレーションが次々と湧き、日常生活とは違ってワクワクが止まらないという渡邉さん。「旅に出ると、新しい描き方や自分を表現する新たな方法などの発見につながるような気がします。 私は普段は紙の余白に絵を描くことが多いのですが、旅している間は描きたいものが多いので、一枚の紙に全部まとめて日記のようにします」と語る。

2019年に一度ロンドンに拠点を移したものの、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い日本に帰国したという渡邉さんは、再び旅に出られるのが待ち遠しいと話す。「イラストを描くうえでお気に入りのモチーフはもちろんありますけど、いつでも新しいモチーフや表現の仕方など、今までとは違うものを探し求めています。常に新しいことに挑戦し続けたいです。



イラストレーター渡邉香織(foxco)さんがポストコロナに訪れたい場所とは


コロナ禍は国内の魅力を楽しむきっかけとはなっているものの、再び海外へと足を延ばせる日が待ち遠しいと話す渡邉さん。まず訪れたいのは台湾、ハワイ、ポルトガル、ロンドン。

世界中の人々と同様に、コロナ禍で予定や計画が大きく変わった渡邉さん。「foxco」という名前でアーティストとして活動する彼女は2019年の秋、フリーランスのイラストレーターとしてのキャリアを追求するべくロンドンに拠点を移した。しかし2020年には新型コロナウイルス感染症の影響で先行きが不透明になり、世界各地で渡航制限などが発令されたことも受け、半年で帰国。

コロナ禍で一変した生活

海外への移動が制限されるようになり、香港やパリなどで予定していた仕事関連のプロジェクトは次々と中止や延期に。「今までは、何を描けば良いのかが分からなくなったときには旅に出かけていました。そうすると自然とインスピレーションが湧いてきて、そうやってうまくバランスを保っていました。でも現在は新型コロナウイルス感染症の影響で、今までのように出かけることは難しくなってしまっています。」

2020年前半は身近なものにインスピレーションを見出す必要があったという。「最近は、ワーケーションで2ヶ月弱長野で犬2匹をつれて仕事をしていたのですが、犬達が虫や小動物を見つけたり捕まえたりするのが得意なのを知りました。東京ではそんな姿を見なかったので環境が変わってもどんどん楽しむ犬たちをみて、私もいつまでもしょげてられないなと思いました。」

日本の魅力を再発見

Nature

海外旅行が恋しいという気持ちは強くありながらも、国内にいたからこそできたこともあったという渡邉さん。「コロナ禍でなければ、今ほど国内旅行に目を向けることはなかっただろうと思います。」

国内の緊急事態宣言が解除されたとき、最初に向かったのは箱根。「旅館で一日中のんびりしながら過ごしました」と旅行を振り返る渡邉さん。「温泉が大好きで、露天風呂に浸かってぼーっとしながら景色や鳥などを眺めているのが好きです。

ホテルよりも旅館の方が落ち着くという渡邉さんは、旅館にいると「まるで親しい友人の家にいるような気分になる」と話す。国内で旅行するときはできるだけ旅館に泊まりたいという彼女は、畳に敷かれた布団で寝たり、地元産の食材を使った料理をお部屋で食べたり、温泉に浸かってのんびりしたりと旅館での滞在を満喫するそう。

国内でもう一つのおすすめの場所は三重県で、伊勢神宮にはぜひ訪れてみて欲しいと語る。「伊勢神宮の中を歩いていたら、美しい川のほとりの森からほのかな木の香りがしたんです。川のせせらぎや、静かな森の雰囲気を感じながら散策したのが思い出深いです」と振り返る渡邉さん。「国内で最もお気に入りの場所のひとつです。」

今後の旅の予定について

再び自由に旅ができるようになった際、渡邉さんは真っ先にどこを訪れたいのか。友達との再会やリラクゼーション、冒険など、やりたいことや行きたい場所はたくさんあると言う。

Nature

「台湾に住んでいる親友が2人いて、今までは毎年夏に訪ねていたのですが、昨年も今年も行けていないので海外へ行けるようになった際には台湾に行きたいです」と話す渡邉さん。「ハワイに行ってビーチを楽しみたいという気持ちもありますね。コロナ禍の影響で疲れている自覚があるので、海辺に寝転んでリラックスしたいです。笑」

また、絵に描きたい場所を訪れるのも楽しみとのこと。インスピレーション探しの旅に出るときは「色」を決め手に目的地を選ぶそうだが、最近はたまたま目にしたポルトガルの宣伝に心を惹かれて訪れたくなったそう。「まだ行ったことはないのですが、色がとてもヴィヴィッドで綺麗でした。」

ロンドンももちろん恋しいと言う。「先日はロンドンにいるイラストレーター仲間がFaceTimeで連絡してくれて、後ろに2階建てのバスが見えたり、現地の人の話し声が聞こえたりして、今すぐロンドンに行きたくなりました!」

そんな彼女がまた安全に旅が出来るようになった時に向かう場所は?

「まずはロンドンですね。コロナ騒ぎで慌てて出てきたので荷物もまだ残っているんです。笑」



Booking.comの旅人たち